カテゴリー
楽天経済圏 MONEY

楽天銀行のログインパスワードも暗証番号も忘れてしまった自分が再び口座開通した話。

こんにちは。ごしごしです。

楽天銀行に新規登録したいと思い申し込んだところ、「すでにあなたは口座を開設しているので新しく口座開設できません。」という趣旨を返答があり、確認すると10年くらい前にeバンク銀行という銀行口座を作っていたのが楽天銀行に変わったとの事。

旧eバンク銀行の口座は、自分が存在も忘れるほどに昔に作って放置していた口座でしたので、当然ログインIDも暗証番号もなにもかも忘れておりました。

今回は、そんな自分がいかにして楽天銀行口座再開までこぎつけたかを説明させていただきます。

ログインIDとパスワードを再発行する手続き

まずは、本人確認の為の返信用キッドが届きます。

運転免許証などのコピーなどを張り付けて、返信します。

そうすることで、ログインIDと再開用のログインパスワードが発行されます。

返信してから、自分の場合は3週間近くかかりました。

というのも、自分の場合はあまりにも口座を長い時間放置しすぎていた為に、口座が凍結されてしまっていたのでした。

通常は1週間程度で返信されるそうです。

暗証番号も一緒に確認しておくこと。

ここが一番自分の失敗した部分なのですが、ようやくIDで口座に入り込む事ができたのですが、実際になにか申し込んだりするためには、当然暗証番号が必要になります。

自分は、この暗証番号も当然覚えていませんでしたので、そこからまた、暗証番号の再発行手続きを申請したのです。

申請後、DMで仮の暗証番号が送られてくるのですが、今回は4~5日程度でおくられてきました。

いずれにしても、2度手間になりますので、ログインIDがわからないかった最初の段階で申請できるのであればしておきたかったと感じました。

まとめ

言わずもがなですが、口座のIDやパスワード、暗証番号は、忘れないように気を付けましょうね。

今後は気を付けます。

ちなみに、今回再開した口座には約1万円程度の残高が残っておりました♪この金額を多いとみるか、少ないとみるかは個人差があると思いますが、自分にとっては結構嬉しい金額でした。

これから、頑張って貯金したいと思います。

おしまい。

作成者: 管理人ごしごし

北海道在住のどさんこです。
1979年生まれ、息子が3人います。
飲食業で18年以上勤務しております。