カテゴリー
ペン字 挑戦

独学でペン字は上達するのか?【実録】①

字を素早くキレイに書ける。そんな人を見ると仕事がデキる人だな!って感じますよね。自分もそんな風になりたくてペン字の練習を始めました。

とはいえ、今更習字教室に行くほど時間も余力もありませんので、自宅で独学で練習して上達を目指します。

今回は、「1か月でラクラク♪女子力が上がる「美文字」練習帳で実際練習してみた経過をお伝えします。

今回使用させていただいたのは、こちらの本です。

1か月でラクラク♪という文言に惹かれました(笑)。

今回ははじめの7日間を記事にしました。

それではさっそくご紹介いたします。

1日目は、まずは文字ではなく、縦線や横線、三角やギザギザなどを練習です。
2日目は、はね、払い、などの基礎の練習です。
3日目は2日目に引き続き、点や払いなどの基本を練習します。
4日目は、隙間を均等にそろえる練習です。空白を意識して書くことで、バランス感覚がやしなわれます。
5日目は、全体のバランスを意識して書く練習です。1歳の息子が邪魔してきた鉛筆の跡がのこってしまっています。
6日目は点画の組み合わせのコツを学ぶ練習です。細かい指示があるので、要領を得られる気がしました。
これで1週間分です。門構えってバランスが難しいな、って感じます。

まずは7日間分練習しました。

まだ字が上達した実感はわきませんが、引き続き継続してまいります。

また練習が進みましたらこちらにアップします。

是非お楽しみに!

広告

1カ月でラクラク♪女子力が上がる美文字練習帳 (日経ホームマガジン) [ 青山浩之 ]価格:785円
(2020/6/13 15:46時点)
感想(87件)
785円で一生美文字が書けるようになるのであれば、安いですよね。あとは練習あるのみです!
続きをご覧になる方は👆こちらです。
カテゴリー
挑戦

JavaScriptを独学で学ぶことはできるか?

いちばんやさしいJabaScriptの教本で独学してみた記録。

「いちばんやさしい」という文言に魅力を感じました。

こちらはプロゴラム完全初心者の中年男が、上記の本だけでどこまでプログラミングを習得できるのかを記録している記事です。果たして最後にはどのような結末となるのでしょうか?!!それでは、さっそく行ってみましょう。

Chapter1 プログラムを作成する準備を使用

Lesson1~7

Chapter1では、まずは、プログラムとは何か?など、基本となる知識を教えてくれるとともに、実際にプログラミングを作成するために必要なソフトのPCに準備する章となっています。

JavaScriptoの特徴などをわかりやすく解説してくれた上で、必要なソフトをダウンロードします。今回入れたのはBracketstというテキストを書き込むソフトです。

PCは仕事でも使用してはいますが、飲食業なのでプログラミングの部分は全くノータッチでした。そんな自分にも、わかりやすく図を交えながら基礎的な知識を教えてくれています。

まだまだ序盤なので、ワクワクしながら進めることができました。

最後にはどのような結末が待っているのでしょうか?

今回はここまで。

アフリエイトに興味がある方は👆から登録できます。

カテゴリー
薪ストーブ

薪ストーブのある生活はどんな感じ?

こんにちは、ごしごしです。

今回は、「これから薪ストーブを購入しようか検討しているけれど、実際に使用している人の感想を聞きたい!」という方に、薪ストーブ歴約8年の私ごしごしがステマなしにメリット・デメリットを交えて正直な感想をお伝えします。

このブログを読んでいただければ、薪ストーブを購入したらどんな生活になるのかな?という素朴な疑問にお答えできます。

もちろん、これから薪ストーブを買おうかどうか迷っている方の参考にしていただければと考えております。

是非最後まで読んでいただければ嬉しいです。

目次

  • 薪ストーブのメリット
  • 薪ストーブのデメリット
  • 結論
カテゴリー
自己紹介

自己紹介

ごしごしブログを読んでいただいてありがとうございます。

今回は自分について紹介させていただきます。

・ごしごし

・1979年生まれ

・北海道出身で、現在も北海道に在住です。

・大学卒業後、飲食店に就職し18年以上飲食関係の仕事をしております。

現在中間管理職。

・趣味は【仕事】・【ユーチューブ視聴】・【読書】・【ギター】・【筋トレ】・【ゲーム】です。

※趣味に仕事が入っていると違和感を感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に仕事が好きなので入れました。

・家族構成は、妻と子供は男の子3人。合計5人家族です。

・モットーは【日々感謝する】です。

人の幸せの鍵は感謝ではないかと考えております。

・ブログでは、自分の取り組みを記録することを通じて、何かしら読んでいただける方にお役に立てる内容にしたいと考えております。

・今後ともどうぞよろしくお願いいたします。