カテゴリー
本レビュー MONEY

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方を読んでみた【感想】

心に残ったひと段落を紹介

コンパクトなので、手軽に持ち運べます。

マナブログのまなぶさんもおすすめされていて、興味を持った1冊です。

その名の通り、お金に関する内容の本です。実際に読んでみたら、お金の計算など難しい数字の話もありますが、全体的には書いている内容が淡々と鋭くて面白くて、スルスルと読めました。

この本を読んで、自分は一番心に残った部分をご紹介いたします。

 確実にダイエットに成功する方法は、1日の消費カロリー以下に食事の量を抑えることです。こうすれば、生理学的に動物は必ず痩せます。それができないのは、人間にとて、食べることが快楽だからです。
芸能人やモデルが痩せているのは、太ると仕事が出来なくなるからです。べつに意志が強いからではありません。有名になりたいというモチベーションがはっきりしていれば、ひとは快楽に打ち克つこともできます。ただし、禁欲の先により大きな快楽が待っていなければなりません。
 同様にお金持ちになる合理的な方法も存在ます。日本のような人件費の高い国に生まれた幸福を最大限に活かし、三畳一間のボロアパートに住み、贅沢はいっさいせず、1日16時間休みなしで働けば、誰でも5年もあればまとまった資産をつくることができます。ベンチャー企業の創業者にときどきこういうタイプがいますがそこまでして金持ちになりたいという強烈な意志を持つ人は、そう多くはないでしょう。
 私たち凡人は、それなりに生活を楽しみながら、できるだけつらい思いをせずに経済的に豊かになりたいと考えています。幸福を犠牲にしてお金を貯めてもなんの意味もありませんから、この考えは間違ってはいません。しかし、なんの努力もせずに金持ちになれるほど世の中が甘くないのも事実です。
 世の中には、収入以上の贅沢をし、消費者金融で借金をしながら、宝くじが当たるのを待っている人がいっぱいいます。しかしこれでは、いつまで待っても幸運の女神がやってくるはずはありません。
 もういちど、お金持ちの方程式を思い出してください。

 資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

答えはすべて、このなかにあります。

(本文より引用 103p~105P)




ひと段落と言いながら、ちょっと長めに切り取ってしまいましたね。
自分がこの部分を始めて読んだときに、まずダイエットのくだりで「はっ!」とさせられました。といいますのも、自分は最近ダイエットに凝っていて、加圧シャツやプロテイン、運動などいろいろな取り組みをおこなっていたのです。
世の中には様々なダイエットの方法がありますが、上記の文章のとおり本質は消費カロリー以上に食べ物を摂取しないことが一番のダイエット法であると教えてくれています。

そうです、その通りなのです。でも、食べることが止めれれない。そのため、別の方法でダイエットを試みているのです。

つまりは、すでに答えは出ているけれども、実際に行うほとは少ない。ということです。

「わかっちゃいるけどやめられない。」というやつですね。

そういうことって、色々な分野であると思います。
・本を読むことを習慣化できた方がいい。
・毎日適度な運動をした方がいい。
・食べる量は腹八分目がよい。

ごく一般的に良いとされている習慣も、良いのはわかっていてもできない。そんなことはありますよね。

本書では、端的にその本質を表現しています。

モチベーションがはっきりしていれば、目の前の快楽に打ち勝つことができると。

つまりは、よく目標を持ちなさい。と言われるのは、このモチベーションに紐づくのだと思います。

話を戻すと、今回紹介した一節は、ダイエットに関することと、資産を作ることについての記述でした。

その本質を見極める事が肝心だということです。

ダイエットであれば、

摂取カロリー<消費カロリー

これが、本質的な方程式であるし、

資産形成であれば、

資産形成=資産-負債+(資産×運用率)

ということなのです。

本書では、この資産形成の具体的な方法を様々な切り口で詳しく解説してくれています。

人生の捉え方が変わるほどのインパクトがある本ですので、

気になった方はぜひ本書を読んでみてください。

それでは、これで終わります。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方新版 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫) [ 橘玲 ]価格:715円
(2020/6/27 00:17時点)
感想(3件)
楽天市場にて購入される方は👆から。
新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ【電子書籍】[ 橘玲 ]価格:680円
(2020/6/27 00:18時点)
感想(1件)
電子書籍版はこちらから。

作成者: 管理人ごしごし

北海道在住のどさんこです。
1979年生まれ、息子が3人います。
飲食業で18年以上勤務しております。